床を保護するコーティング

床掃除

ワックスよりも長持ち

ぴかぴかに磨き上げられたフローリングの床は、リノリウム等の床には見られない独特の美しさを持っているものです。フローリングは住宅の床材として最も多く利用されていますが、木質系の素材を使っているために傷がつきやすいという欠点もあります。フローリングの床を傷から保護する目的で古くからワックス塗布が行われており、いろいろな種類のワックスが開発されてきました。いずれの種類のワックスもそれほど長期間は効果を保てないため、数年ごとの再塗布作業が欠かせません。最近ではワックスよりも床保護効果が長期間持続するフロアコートの技術が進歩しており、多くの住宅で利用されるようになりました。一般的なワックス塗布は自分でも実施できますが、フロアコートは専門的なコーティング技術と業務用機器を必要とするため、専門業者に依頼するのが普通です。ハウスクリーニングや室内工事を行うリフォーム業者でこうしたフロアコートに対応しており、新築住宅ではあらかじめ実施されている例が多いものです。フロアコートにはウレタンコーティングやシリコンコーティング、ガラスコーティングといった種類があり、費用の高いフロアコートの方式ほど耐久年数も長くなります。比較的安価なウレタンコーティングでは耐久年数が5年から10年ですが、シリコンコーティングでは10年以上持つと言われています。ガラスコーティングは費用が高くなる反面、20年前後という長期間の耐久年数が得られるのです。あらゆるフロアコートの中でも最も耐久年数の長いUVコーティングは、UV照射機を使った紫外線硬化技術が使われています。UVコーティングは独特の美しい光沢を持ち、短時間での施工が可能な点や滑り止めを防ぐ効果が高い点も特長です。どの方式のフロアコートを導入する場合でも保証期間内なら無償で修繕してもらえますので、耐久年数の長い方式ほど保証期間も長い方が安心できます。